ニーズも利害関係も異なる複数の荷主様同士をコーディネートし、物流を「共同化」致します。1社単独では難しかった積載率の向上や、配送費や人件費などのコスト削減を実現致します。

【共同化の「手法」】

 配送 •••トラックスペースを共同化し、積載率を向上。さらに、配送ルートの見直しと改善によって、配送距離を短縮し配送効率を高める。

□ 保管 •••物流センター内のスペースを共同化し、保管スペースを有効活用。また、スタッフの数や配置を最適化し、スペースと人的資源をともに効率化し、保管コストと人件費の軽減を実現。

システム•••システムの統一化によって最適なオペレーションの構築。運用にかかる手間や無駄を減らし、作業の効率化を図るとともに、プラットフォーム開発のコストを削減。

%e7%84%a1%e9%a1%8c6